就寝前にスマートフォンやパソコンを見るという方は多いと思います。
寝落ちするまで動画でも見よう・・・なんて思っているうちに、段々目が冴えてきてしまった!なんて経験はないでしょうか?

実は、スマートフォンやパソコンのバックライトとして採用されている「LED」には「ブルーライト」が多く含まれているんです。

ブルーライトそのものは自然光の中にも含まれている光であり、決して有害なものではないのですが、光の中でも最もエネルギーが強いと言われています。
そのため、長時間の使用では眼精疲労を招く恐れがあります。

また、光の波長から、画面のちらつきの原因になることもあり、ちらつきの多い画面を見ていることで頭痛を誘発することもあります。

そして、何より夜間帯の使用で影響が出るのが睡眠です。ブルーライトを目に入れることで脳内で睡眠を促すメラトニン物質の生成が抑制されてしまうのです。
そのため、覚醒=目が冴えるといった症状が出てしまい、就寝前にスマホやパソコンを見ていると眠れなくなってくるのです。
スマホ操作画像

うつ病の方、睡眠障害のある方、発達障害の方など、睡眠による生活サイクルが乱れがちな方は特に使用に注意が必要なのです。

とは言っても・・・寝る前に見たい!その時間しか自由にPCを使える時間がない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、最近では、ブルーライト軽減フィルターといったケータイ用アプリ保護フィルムブルーライトをカットするパソコン用メガネが開発されています。

アプリは無料で様々な種類が出ているので、まずは無料のものから試してみてはいかがでしょうか?

Comment are closed.