4月1日(月)に新年号である“令和”が発表されました。
4月もいよいよ後半に入り、新しい時代への始まりが現実味を帯びてきました…。

ところで、まだ耳馴染みが薄い“令和”という新しい年号はどのように決まったのでしょうか?

2019年(平成31年、令和元年)に、皇室典範特例法の規定に基づき、日本では202年ぶりとなる今上天皇の退位(4月30日)と皇太子徳仁親王の即位(5月1日)が予定されている。この皇位の継承を受けて、元号法の規定に基づき、5月1日に元号が「平成」から「令和」に改められる予定である。日本の憲政史上初めて、天皇の生前退位による皇位の継承に伴って改元が行われる。

「令和」の典拠は、『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)である。確認される限りにおいて初めて漢籍ではなく日本の古典(国書)から選定された。(出典:Wikipedia)

ちなみに令和の意味を英語で説明すると「Beautiful Harmony美しい調和」という意味になります。
これは令和の令が「order=命令、秩序」などの意味を含むことから、本来の意味(由来)と全く異なる解釈をされることを避けるために決定したそうです。

新年号は5月1日から施行されます。世の中の動きがガラッと変わる新たな時代に、しっかりとついていきたいですね!!

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.