6月に入り、蒸し暑い日が続いていますね。
そして、もう少しで梅雨入りします。

今回は雨が降った時の必需品”について、書いていきます。

洋傘の歴史で最も古い傘は、約4000年前のエジプト・ペルシャの時代とされており
日傘として使われていたそうです。

ヨーロッパでは、傘は贅沢品とされており富と権力の象徴だったようです。
遺言書に傘を誰が継ぐか?なんてことも珍しくありませんでした。

18世紀頃イギリスで傘は現在の構造のものが開発されました。
やはりここでも日傘として使われていました。
ある雨の日に一人の紳士が傘をさしました。
この行為によって紳士は周りから笑われました。
しかし時は経ち、人々は紳士のマネをし、次第に雨の日に傘をさすことが普及していったそうです。

東洋では、魔除けなどの目的で使用されていました。

昔は、どの国も雨傘としては使用していなかったのです。
傘一つとっても深い歴史がありますね!

現代では面白い傘機能性の高い傘も登場してきています。
今後どんなが開発されるのか楽しみですね!

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.