今年も秋のお彼岸の時期がやってきました。
そこによく用いられる「彼岸花」ですが、
本当に不吉な花なのか、みなさんは気になりませんか?
調べてみたら、意外なことがわかりました!

まず、彼岸花の別名は「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」といいます。
そして彼岸花の特徴は、普通の花と違い「花が開いてから葉が伸びるところ」にあります。
彼岸花の印象的な赤は「情熱」や「思うのはあなた一人」といった意味があり、
その見た目が炎に見えるのと、彼岸花のもつ毒から「不吉」を連想させてしまうようです。

しかし「曼珠沙華」の意味のひとつとして「天界に咲く花」という解釈があるのです。
不吉なのか、そうではないのか、なかなか難しいですね。

最近では、彼岸花曼珠沙華)を楽しめるお祭りなども開催されています。
ひとつ、足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.