今年はワールドカップが日本での開催ということで、ラグビーで日本が沸騰しましたね。
日本は初ベスト8入りを遂げました!
惜しくも準決勝の南アフリカ戦では敗れてしまいましたが、応援する人々と選手の思いが重なった時、限界を超えてぶつかり合った選手たち、応援する人々に、もう国境は関係ありませんでした。
なにより、勇気と感動を与えてくれたラグビーはとても輝かしい競技だと感じます。

ラグビーでは「ノーサイド」という言葉がテレビではよく使われていますが、世界では現在「フルタイム」と言われることが多いのです。
ノーサイド」の言葉は、紳士のスポーツであるラグビー。
試合が終われば敵味方の区別はなくなり、お互いの健闘を称えましょう、という意味が含まれています。

ところでみなさんは「ビクトリーロード」という歌をご存知でしょうか?
ラグビー選手の間で流行っているもので、
映画「耳をすませば」の主題歌「カントリーロード」の替え歌です。

ビクトリーロード
この道ずっとゆけば
最後は笑える日が来るのさ
ビクトリーロード

シンプルな歌詞で覚えやすいですね。
SNSで話題となったこの曲は、ラグビーを通して日本が一丸となった時に応援歌として歌われていました!

来年は自国開催のオリンピックでもラグビーが観られるとのことなので、その時がまた楽しみですね!

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.