本日は利用者さんに書いていただいたものを掲載いたします↓

霜月(しもつき)は陰暦(旧暦)の11月を意味します。
陽暦(新暦)11月の和風月名としても知られています。
明治初頭より陽暦(新暦)を採用した日本では、12か月を1月〜12月の数字で表しています。しかし、それ以前は、季節感がわかるような和風月名で各月を表現しており、その11番目の月を「霜月」と呼んでいたのです。陰暦の11月は、陽暦の11月と時期が違います。陽暦は陰暦から1か月ほど遅れています。陰暦の11月は、陽暦の11月下旬から翌年1月上旬頃に当たるのです。

霜月の意味・由来・語源にはいくつかの説があります。もっとも有力だとされている説は「霜降り月霜降月(しもふりつき)が省略されて「霜月(しもつき)」に転じたというものです。陽暦(新暦)では12月頃となる霜月ですから、陰暦(旧暦)が用いられていた当時ではすでに霜が降りていたのでしょう。

霜月には、別名や異称で表されるさまざまな呼び名があります。

・仲冬(ちゅうとう)
陰暦では、10月から12月が「冬」になります。このため、11月である「霜月」が、冬の真ん中の月になるため「仲冬」と呼ばれていました。
・神来月、神帰月(かみきづき)
陰暦10月の神無月には、日本各地の八百万の神々が出雲大社へ出掛けてしまいます。お出かけになっていた神々が霜月になると帰ってくるため「神来月、神帰月」と呼ばれました。
・神楽月(かぐらづき)
神様に舞や歌を奉納する「神楽(かぐら)」が、冬至の頃に盛んに行われていたといいます。そのため、冬至を含む霜月を「神楽月」と呼んだようです。
・雪待月(ゆきまちつき)
冬支度をし、雪を待つ月ということから「雪待月」と呼ばれていました。
・霜月(そうげつ)
「しもつき」ではなく「そうげつ」と読んで、霜と月の光の情緒を表現する呼び方もあるようです。

11月も気づけば残り半分となりました。
北海道などの寒い地方では積雪が観測されています。
もう目の目に来ているを感じながら、この季節を過ごしていけるといいですね。

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.