本日は利用者さんに書いていただいたものを掲載いたします↓

 「早生まれ」とは1月1日~4月1日に産まれた人のことをさします。
早生まれの人たちは数え年(生まれた年を1歳とし、新年を迎えるたび1つ加えて数える年齢のこと)で七歳に入学します。
その逆に4月2日~12月31日に産まれた人は「遅生まれ」といわれ、数え年で八歳に入学するのです。

 これには日本の法律上での年齢の数え方(満年齢)が関係しています。
まず「学校教育法(第17条)」により、「満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年初めから」就学することになっています。この「最初の学年の初め」とは4月1日のことなので、満6歳になって初めて迎える4月1日には就学している状況が好ましいわけです。

 満年齢の計算の仕方ですが、「年齢計算ニ関スル法律(第1項)」では「年齢は出生の日より之を計算す」と規定されています。生まれた日を起算日として1年は起算日に相当する日の前日で満了するということになります。
つまり、法律上の満年齢は誕生日前日でカウントするため、4月1日生まれは3月31日に満年齢6歳となり、翌日から就学することになるのです。

4月1日で学年を区切る理由がよくわかりましたね!
明日はいよいよ年度末です。4月からも元気に過ごしていきましょう☆

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.