先日10月10日は「銭湯の日」でした。

銭湯の日とは、1991年(平成3年)に東京都江東区の公衆浴場商業共同組合が制定した記念日で、1964年(昭和39年)東京オリンピックの開幕日である10月10日にちなみ日付が決められました。スポーツの後、入浴することで健康になってほしいという思いがあるそうです。

他にも「10月10日」をそのまま繋げると「1010」となり「せんとう」と読めることからとも言われています。日本の記念日は語呂合わせで日付を決める風習があります。語呂が良いと覚えやすいですね。

イベントも各銭湯で行われてるようなので、お近くに銭湯がございましたら注目してみてはいかがでしょうか。特に「ラベンダー湯」というのが有名だそうです。

実際にスポーツの後に、ただ入浴するだけでは効果的ではありません。湯船のお湯を39℃のぬるま湯にして20分以上浸かりながら、ゆっくり体を揉みほぐすと筋肉痛が残りにくく、疲労回復にも良いです。

お家でも実践できるので、ぜひお試しください!

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.