11月はインフルエンザが流行し始める季節です。現状、コロナ禍が続いている中、不安に感じる方も多いと思います。コロナも恐ろしいですが、インフルエンザも十分恐ろしいウイルスです。

特に高齢の方は重症化しやすいため、とても危険です。

日本とは真逆の季節になるオーストラリアは、6~8月が冬になります。今年のオーストラリアでは、インフルエンザとコロナの同時流行はなかったそうです。その要因となったのは、やはり予防接種だと専門家は話しています。

インフルエンザの最も適した対応は、毎年、予防接種を受けることです。

コロナもインフルエンザもマスク着用こまめな手洗い、三密など、相手との距離や置かれている環境に気を配ることで感染を両方防ぐことが可能です。

予防接種については「インフルエンザ 予防接種 〇〇市(区)」とお住いの市区町村を入力し検索して頂ければ、予防接種を行っている病院が検索結果で出ますので、お試し下さい。

冬になり、寒くなると体温が下がるため、免疫力が下がります。そして、空気が乾燥するとウイルスが軽くなり長い時間、ウイルスが空気中に漂います。そのため、冬は風邪などの病気にかかりやすいのです。
加湿器や濡らしたタオルなどを使用し、お部屋の環境にも注意しましょう。

予防接種や新しい生活様式などに気を配り、無事冬を越しましょう!

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.