新年。年が明けてから、あっという間に時は流れ2月になりました。緊急事態宣言が延長となりましたので、より一層気を引き締めて過ごしていきましょう。
本日はラシエでの訓練に励み、ハウス農園のお仕事に就職されたHさんからの体験記を掲載したいと思います。

私はラシエでたくさんのことを学び活かし、努力をして今に至ります。
まずラシエで習ったことは自分の紹介をパワーポイントで入力したことです。
それからpc訓練でワードやエクセルを少し学びました。
その後グループワークで基本のあいさつの仕方や、SSTなどを学びました。
また、タイピング練習や体力作りや清掃訓練もしました。

グループワークでは複数人で話し合いをして、一つのことに意見を出し合いながら協力することの大切さを学びました。
SSTではどんな場面でどうするのかを学びました。相手もいい自分もいい、を心掛けることや、意見にダメ出しをするのではなく、いいところをほめるなどを学びました。
口角をあげること、大きな声で、相手の顔を見て話すことも学びました。
その中で一番大事だと思ったことは怒りのコントロールと相談することです。
自分の怒りのコントロールはカウント法です。相手から目をそらし、軽く息を吸って、こころの中で(5~6)数える方法です。

相談では、わからないことや困ったことを相談する大切さや報連相の大切さを学びました。
タイピング練習では、正確に早く打つことを心掛け、タイピングのスコアがCレベルまでできました。今でもその努力は無駄ではなかったと思います。

清掃訓練では、最初は教えてもらいながら行い、メモをして、何度も何度も失敗と経験を活かし少しずつ力をつけていきました。
また体力を鍛えるための体力作りでは、たくさんの道を歩き、お話をしながら、楽しく行いました。とても楽しかったです。

就職先が決定しましたが、面接練習や、志望動機などを覚えることが大変難しかったです。
アドバイスされては覚えようと努力しました。無事終わったのは努力の力だと思います。

最後に、いままでたくさんの努力を積み重ね、今があると思うととても自分によくできたと褒めてあげたいと思いました。

 
Hさんは就労移行にて様々なことを学び、常に努力を惜しまない方でした。
お仕事は今回が初めてになりますが、今まで努力してきたいろいろなことを仕事場でも活かそうと前向きに頑張っていらっしゃいます。

就職という人生の第一歩を踏み出したくHさんを、支援員一同、心より応援しています。

ラシエは障害者の就労(就職)を応援しています!見学・体験は随時受付中です!
お問い合わせは埼玉県所沢市小手指にあります就労移行支援事業所ラシエまで
お電話・メール・ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております☆
Comment are closed.